板紙・段ボールから印刷紙器までを網羅した専門新聞社です

qrcode.png
http://itadan.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!


有限会社
日刊板紙段ボール新聞社

東京都文京区湯島4-6-11
湯島ハイタウンA-509号
TEL.03-5689-0121
FAX.03-5689-0120
----------------------------
板紙・段ボール産業の総合紙。
紙器・段ボール企業を中心に機械・資材メーカーなどの動向をはじめ、箱を使うユーザーの動きも網羅。各種統計の分析なども充実。

----------------------------

 

2009年バックナンバー

 
1
 
12月27日付 2394号
2009-12-15

■梅谷製作所で4機種公開運転。進化続けるマシン群、使う側の声すべて採用。
■全段連で記者懇親会開く。「社会的責任を再確認」。
■段箱・包装資材の三共。片段貼合の新緩衝材開発。三葉精機製作所の専用機導入。
■キャムズ、使い易さ追求したCAD。紙用途に特化。
■デジタルプランニングワークコア、積層段ボール改良。交差貼り付けで強度アップ。
■紙器段ボール改革推進協会でプロセス改善相談会開く。2月に東京・板橋で。
■リョービイマジクスでLED−UV印刷を総括。多様な紙への対応強化。
■紙の博物館で「紙のための紙」開催。
■凸版印刷でIC付きエコバック実験。商店街の活性化に。
■小森コーポで印刷機の教養講座開く。

 
12月17日付 2393号
2009-12-09
■王子チヨダコンテナー・佐野成人社長インタビュー「段ボール以外の計画進行。価格を維持、海外進出も」「再編で強化、来年は関連会社」
■レンゴー出資のTCG、ベトナム企業買収。成長市場の供給体制整備。
■10月速報段ボール生産量、前年同期比7.7%減。13カ月連続マイナス。
■10月速報中しん輸入量対前年比260%、ライナは減少。
■12月段古紙輸出価格トン1万1714円。
■渡辺護三堂、段ボールに写真印刷。専用印版100枚を出荷。コストや環境優位性強調。採用のまこと紙器、写真印刷で顧客拡大。3色印刷機効果的活用、現場技術を結集。
■ファイア・アップ、ボイラーの省エネ提案。2年で設備償却。
■特種東海HD、特種製紙と東海パルプの吸収決議。来年4月1日に解散。 
■企業訪問・NO.239<?共信サンライト紙器> 
■真興社、マンローランド・ジャパン、国内初・CIPPI受賞。プロセス自動化を評価。 
■ハイデル・ベルグジャパン、アワード金賞を報告。<プロジェクト365>、印刷で高評価。
 
12月7日付 2392号
2009-12-01

■ユーコン、基幹業務システム「TRIM」開発。不要機能削除し環境整備。業態変更に対応。
■ユーコン、自動化・無人化システム開発。FAコスト半額見込む。
■インタビュー 近畿刃物工業・阿形社長に聞く。「現状問い続け、改善・革新」。共同で電気自動車開発も。
■10月暫定・板紙生産量、前年同月比3・9%減。
■ものづくりNEXT↑展。生産環境向上に注目。
■ペットボトルリサイクル。08年度は77・9%に。
■ローランドDC、新インクプリンタ開発。メタリックで表現拡大。
■キャムズ、「捨て紙」不要のサンプルカッタ。電気代とセット手間削減。
■小森コーポレーション、東京・関東甲信越静小森会開催。
■サンテクス、自動刃曲げ機開発。加工精度大幅に向上。
■ミドリ安全、防災グッズに注力。

 
11月27日付 2391号
2009-11-20

■APP、安定供給に自信。「日本市場、我々の庭」、1月から白ライナ拡販。
■関口木型製作所、耐久性2倍の抜型開発、新サービスも展開。
■関口木型製作所、ロータリーダイカッタ用の簡単マニュアル作成。
■亀岡ISO事務所、ISOのネット診断開始。手軽に取得アドバイス。
■日本システムサービス、原紙管理システム改良。操作性など向上。
■レンゴー、全熱交換素子を展示会に共同出展。
■産業交流展にキヨシネットワークなど出展。
■JILS、ロジスティクス全国大会。物流効率化や取り組み紹介。
■企業訪問No238 「平河工業社」
■マンローランド・ジャパン、セミナー開く。各社の改善活動を発表。
■小森善治小森コーポレーション社長、秋の叙勲で旭日中褒章。
■日本製紙グループ本社、竹橋ペーパーギャラリー開催。

 
11月17日付 2390号
2009-11-13

■甲府紙器専務・小林康太氏インタビュー。「大手との交流望む」「30、40代がどんどん発言」「中小の再編モデル目指す」
■ヒューテック、印刷検査装置を発売。段ボール分野本格進出。高品質と低価格。
■梅谷製作所で12月3〜5日、エクオス等公開運転を開催。
■近畿刃物工業、EV開発、テレビが紹介。アルミ板をボディに加工。
■王子製紙、基盤を強化。岡山製紙の株取得。
■エースパッケージ、神奈川営業部新設。11月2日から業務開始。
■古紙再生促進センター・紙リサイクルセミナー開催、中国動向や品質制度紹介。
■9月速報段ボール生産量、前年比8.3%減。12カ月連続マイナス。
■レンゴー、3R協議会長賞を受賞。減装プロジェクト参加。省包装化を推奨。
■レンゴー、営業益130%増。第2四半期連結決算、日本マタイ効果。
■日本製紙グループ本社、北越紀州株式を売却。提携効果は維持。
■横浜リテラ、最先端工場稼働。一拠点一貫体制・全行程クリーン化。小森コーポの新型機導入。リスロンSX40、高付加価値を追求。
■9月速報板紙輸入量、中しん、前年比の6倍に。

 
11月7日付 2389号
2009-11-02

■注目集まる輸入紙。APP、価格武器に拡販。大手ユーザーで採用か。品質、供給面に不安感。
■アイキ工業から3つの提案。新素材、コルゲータで貼合。ロス防ぐ撥水装置も開発。スチーマーで”硬いシート”。糊使用量も大きく削減。
■ダイナパック、東装を吸収合併、グループ経営強化。
■全国紙段機総会を開く。活発な議論と情報交換。
■東京抜型工業会、”団結と技術継承を”定時総会、全案を可決。
■ハイデルベルグ・ジャパン、ハイデル・フォーラム21開催。
■日本紙パルプ商事がJP総合開発を吸収合併。
■印刷資材のツルガ破綻。負債4億7千万円。
■藤巻鉄工所破綻。負債9億6千万円。
■ジャパンパック出展企業紹介。
■日本紙パルプ商事、環境フォーラム2009、社会貢献を重視。
■ルキオ、白インク搭載し用途拡大。UVプリンタ、紙分野へ展開。
■小森式予防保全成功事例<ダイム>
■日光企画販売・日光エンジニアリング展示会を開催、6機種を初公開。「顧客応援する姿勢」強調。

 
10月27日付 2388号
2009-10-23

■中央紙器工業、数多くの新製品開発。顧客ニーズを把握、最適な提案を。
■近畿刃物工業、新型刃物の開発が最終段階に。スロッター上刃物、切れ味と耐久性抜群。
■BHS、カッターが大手段メーカーで稼働。日本市場に対応。
■アイキ工業で新素材開発、段原紙をエンボスして片段に貼合。
■レンゴー、CJC会長賞を受賞。C段など環境活動を評価。
■レンゴー、重量物用のノンステープル箱開発、スイカで初採用。
■王子ペーパーライブラリー、最終章は人々の「声」。
■元全段連理事長・大澤重治氏(浅野段ボール会長)永眠。
■東洋インキ製造、高性能段ボールインキ開発。
■7月度の段原紙米坪量別生産量。
■小森コーポレーション、つくばプラント内にKGC開設。教育・研究施設集約。
■JGASに出展した各社?。

 
10月17日付 2387号
2009-10-15
■陽光堂、工場を新設して製版設備一新。旭化成の新樹脂対応。
■名宝、整版用補強テープ発売、数10円の投資でコスト削減。
■大阪印刷インキ製造、段ボール用黒インキ発売。墨色に近い理想的な黒。
■旭マシナリー、JGASに紙器用平盤打抜機を出展。2500万円と低価格。
■10月関東の古紙輸出価格、段ボールは下落。
■企業訪問No237、「?八光製函」。
■8月の段ボール生産量、前年比6・9%減。
■東段工11月20日、第7回合同セミナーを仙台で開催。
■暮らしの包装商品展。パッケージングフォーラムも併催。
■09年下期の段ボール需要予測。前年並みを予想。
■JGAS出展各社。新鋭機材が一堂に集結。
■マンローランドジャパン・宮城社長に聞く。「印刷各社に合った機械構成」
■ハイデルベルグジャパン、毎日違うカレンダー完成。
 
10月7日付 2386号
2009-10-05

■インタビュー 野原将彦タチバナ産業社長に聞く 「新規事業が浮き袋に」「積極経営、設備も一新」
■ゴールドグループで報恩碑法要式典開く。業界唯一の報恩碑。
■日光企画販売、日光エンジニアリング、10月15〜17日まで新製品展示会を日光エンジ本社工場で開催。
■佐藤工業が破綻。負債額は7億円。
■コラム<安売りは自滅の第一歩>
■日本包装機械工業会、ジャパンパック記者発表会開く。複合機やロボット多数。
■8月暫定・段原紙、15%の減少。紙器用板紙も約9%減。
■サイン&ディスプレイショウ、新素材と新技術PR。
■精好堂、段ボール製版新時代へ。エスコ、デュポン共同記者会見。
■日印産連、事業拡大し基礎強化を。”9月印刷の月”で山口会長、功労賞など授与。
■2010中部パック、出品企業・団体募集。ポートメッセ名古屋で2010年4月14〜17日開催。

 
9月27日付 2385号
2009-09-24

■有功社シトー貿易、新カストリシステム発売。スピードと精度アップ。
■富士段ボール本社工場、アイキ工業のマルチスチーマー導入。品質大幅に工場。
■大幸紙工で紙パレット事業を強化、天板のたわみに対応。
■企業訪問。No236 「有限会社マコト紙器」。
■レンゴー、100年史発刊。一世紀の歴史集約。
■レンゴー、日本マタイを完全子会社化。
■記者ブログ
■タカムラ産業、巨大作品で段ボールをPR。東急ハンズの特設会場で。
■インタビュー ダックエンジニアリング・氷上社長に聞く。「検査装置、攻めの手段に」。
■凸版・菊池選手が技能五輪世界大会「印刷」で金獲得。

1
日​刊​板​紙​段​ボ​ー​ル​新​聞​社​
<<有限会社 日刊板紙段ボール新聞社>> 〒113-0034 東京都文京区湯島4-6-11 湯島ハイタウンA-509号 TEL:03-5689-0121 FAX:03-5689-0120