板紙・段ボールから印刷紙器までを網羅した専門新聞社です

qrcode.png
http://itadan.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!


有限会社
日刊板紙段ボール新聞社

東京都文京区湯島4-6-11
湯島ハイタウンA-509号
TEL.03-5689-0121
FAX.03-5689-0120
----------------------------
板紙・段ボール産業の総合紙。
紙器・段ボール企業を中心に機械・資材メーカーなどの動向をはじめ、箱を使うユーザーの動きも網羅。各種統計の分析なども充実。

----------------------------

 

記者ブログ

   

               
                                    過去のブログはこちらへ
   
▼ここ2、3年の間に湯島に天ぷら屋さんが3軒開店した。湯島と言っても広く、事務所から御徒町駅までの僅かな距離で。昼からコースだけの超高級店、お疲れ様セットもある飲み屋風、そして3月に事務所の下に天丼屋がオープンした。事務所マンションはバブルの頃は1階や地下にスナックや鮨屋、蕎麦屋が何店舗も入っていたが、今は空きが目立つ。天丼屋の場所は20年以上小さな不動産屋さんで、どこにでもあるようにペタペタと物件案内が貼ってあった。店舗を改装し始めたが、毎日前を通るので進捗状況がよく分かる。日に日に出来上がってくるが、白木を使った凝った内装。『何が出来るんだろうね』記者達と話していたが、天丼屋とは誰も想像していなかった。(Y)
▼公演日ギリギリで格安チケットのハガキが来て、またまた行ってきた演歌のコンサート。母、姉の3人で、今回は何と初の1階席。勝手にど真ん中を想像していたけれど、端っこの方だった。大御所マルチプレーヤーな歌手と、中堅ベテランの女性ふたりの共演。観客の平均年齢がぐっと高めなせいか、拍手が大きい訳でもなく、ペンライトもなく、ファンクラブの人も来ていないようで、会場はやけに大人しい。だがプレゼント攻撃がすごい。終了後は狭い階段にみなが殺到し、毎回けが人が出ないのが不思議だ。この料金だったらもっと気軽に聞きに来られるのだけど。(A)
▼Jリーグが開幕。今は有能な若手が欧州のセカンドクラスのリーグにすぐ移籍してしまう。『欧州移籍』と騒がれるが、そのクラスだとJリーグと差はない。鹿島あたりをそのまま放りこんでも中位以上の順位には入ると踏んでいるが、やはり地理的な要因もあり欧州5大リーグ(英・独・西・伊・仏)へのステップアップには最適で、生活面も含め海外での適性を見るにも重要だ。ではJリーグが退屈かと言えば、そんなことはない。韓国はじめ優秀なアジア人選手も多く、ユースあがりの才能も次々と登場するといった非常に良い循環にある。かつての世界最高峰選手を金で集めた神戸がすんなり勝てないのも頷ける。(U)
▼地元サッカー教室の無料体験に、子どもと参加した。挨拶から始まり、ボールに慣れるための遊戯、シュート練習、最後に紅白戦と盛り沢山の内容だった。休日に公園でパス練習をするくらいだったが、その成果もあってボールコントロールは良かった…ような(とりあえずシュートは3本すべてゴールに)。ただ、試合では内気で優しい性格のため、まったくボールに触れられず。だいぶ疲れたようで、せっかく自分でサッカーやりたいと言い出したのに「もう行かない」と捨て台詞。後日訊いたら、紅白戦に負けたのが堪えたらしい。またいくらでも付き合うので、色々経験して本当に自分の好きなものを見つけてくれれば。(S)
▼仕事をしていると途方もなく多くの人に会える。その中でほんの一握りの人たちと、生涯仕事を共有することになる。自分の場合は3、4人といったところだが、運命的な出会いとは程遠い。ただ何となく縁が続いて、その縁で仕事がぐるぐる回って関係が続く。気が合うというわけでもなく、むしろ自分とは異なるタイプの人間なのだが、続いては途切れ、ただそれを繰り返す。仕事の財産を経験とか技術だと言うこともできようが、自分にはやっぱりこの人たちとの過去である。(W)
▼今号に掲載されているサポートジャケット。ヘルニア・腰痛で救急搬送、手術、入院した者として「一度試さなくては」と胸に秘めており、先日ついにその機会が。装着した瞬間は変化ないが、しゃがむと背中から腰に張ったゴムベルトが伸び、しゃがむ勢いを殺し、腰や膝への衝撃が体感で3分の1程度に。起立時には伸びたゴムベルトが元の長さに縮む力を利用し、上に引き上げられることで、腰や膝に入れる力がまたも3分の1程度に軽減。装着時の重量感はごくわずか。異物感も1日付けてれば慣れそう。これはお世辞抜きで掘り出し物だ。(M)
日​刊​板​紙​段​ボ​ー​ル​新​聞​社​
<<有限会社 日刊板紙段ボール新聞社>> 〒113-0034 東京都文京区湯島4-6-11 湯島ハイタウンA-509号 TEL:03-5689-0121 FAX:03-5689-0120