板紙・段ボールから印刷紙器までを網羅した専門新聞社です

qrcode.png
http://itadan.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!


有限会社
日刊板紙段ボール新聞社

東京都文京区湯島4-6-11
湯島ハイタウンA-509号
TEL.03-5689-0121
FAX.03-5689-0120
----------------------------
板紙・段ボール産業の総合紙。
紙器・段ボール企業を中心に機械・資材メーカーなどの動向をはじめ、箱を使うユーザーの動きも網羅。各種統計の分析なども充実。

----------------------------

日​刊​板​紙​段​ボ​ー​ル​新​聞​社​
 

記者ブログ

   

               
                                    過去のブログはこちらへ
   
▼通うプールまで最寄りの駅から住宅街を少し歩く。近道は車がやっと1台通れるぐらいの狭さで、両側は民家で古いアパートも多い。その中にゴールデンレトリバーを飼っている家がある。知らずに前を通ると『うぅ~ワンワン』、いきなり大きな声で吠えられた。柵で囲ってあるがジャンプすれば簡単に飛び越えられるし、越えそうな勢いだ。その犬、他の人には何故だか吠えない。老若男女、様々な人が通り過ぎるが吠えられるのは記者だけ。『人相?』『足音?』『匂い?』、不思議に思っていた。ここ数か月、見かけなかった。『死んだか』と思っていたら、健在だった。そしてやっぱり『うぅ~ワンワン』。昨日、目と目があったが初めて吠えられなかった。認めてくれたのだろうか。(Y)
▼腰は痛くてもやる気スイッチが入ったので、早歩きを心掛け、事務所のエレベーターは使わず(実質4階)、家でも夕食後うつ伏せになって休憩せずすぐに茶碗を洗い、湿布も効き目がないから貼らない、とがんばって4カ月経つ。その成果なのか、朝の超満員通勤電車でも、一瞬でいいから座りたい!ほどのつらさは、6駅伸びた。この方法で病気が完治するわけはないけれど、工夫次第で軽減されていくのが実感できてうれしい。勢いでランニング用ウォッチを購入。次は何を買おう。(A)
▼丸の内線の新型車両がデビューし1カ月半、目撃することはあっても乗車できずヤキモキしていた。丸の内は車両数6両と短いが、終点の荻窪、池袋とも連絡が良く、沿線に住宅地も結構あるため、通勤ラッシュはなかなか。ただ、これは首都圏ならば概ねどこも同様。一番辛いのは冷房の効きの悪さで、『節電お見事!』と口走りそうになるほど。それが新型では大幅に改善されるとドラえもんが宣伝していたので、心待ちにしていたわけだ。さて、先日やっと念願叶ったが、今の時期冷房は必要なく、全体的に期待ほどの新鮮さはなかった。にしても売りのひとつである携帯充電スポット、本当に必要、ねえドラえもん?!(U)
▼春の陽気に誘われて、上野・東京国立博物館で、特別展「東寺~空海と仏像曼荼羅~」を見てきた。真言宗の開祖である弘法大師・空海については、平安時代に(天台宗の最澄とともに)遣唐使として、唐の長安で学び、密教を持ち帰り高野山を開く…という小説を読んだくらいの狭い知識しかなかったが、両界曼荼羅や仏像、仏具などをどうしても見たくて。密教は他の仏教と異なり、釈迦ではなく大日如来が中心。曼荼羅の中央もしくは最上段に鎮座するわけだが、説明があっても理解できず。インドの影響が色濃い異形の仏たちは、象など動物の背に座していたり不可思議で、ビシビシ刺激をもらった。こういう場面ではケチらず迷わず音声ガイドを使用するが、展示物の解説以外にも住職の挨拶、護摩の読経もたっぷり聴けて大満足。(S)
▼最近、睡眠の問題をよく耳にする。電車の中で少しでもウトウトすると夜眠れなくなるとか、夜中何度も起きる、といった類いの話である。意識はしていないが何かしらの緊張が続いていて、意識をシャットダウンすることができないのだと思う。そして、その緊張の原因のほとんどは人間関係である。(W)
▼どうしても理解できない価値観に遭遇。親戚が6泊7日の「断食道場」に行く。近県の群馬、他人と相部屋、貧相なメシに10万円という費用に絶句。食うために10万円は理解できるが、食わないことに金を払い有給5日を使う意味は。体調が悪かったり減量でもすれば、食えない瞬間はいくらでもやってくるのに・・・などと文句を言われることを嫌ったのか、出発数日前に入金したことを伝えてきた。18年通っている格闘技ジムでこの件を話すと、後輩から「仕事で疲れてるのに、金払って関節極められたり首絞められたり殴られて、怪我して帰る方が世間的に理解されませんよ」と一言。価値観は人それぞれだ。(M)
<<有限会社 日刊板紙段ボール新聞社>> 〒113-0034 東京都文京区湯島4-6-11 湯島ハイタウンA-509号 TEL:03-5689-0121 FAX:03-5689-0120