板紙・段ボールから印刷紙器までを網羅した専門新聞社です

qrcode.png
http://itadan.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!


有限会社
日刊板紙段ボール新聞社

東京都文京区湯島4-6-11
湯島ハイタウンA-509号
TEL.03-5689-0121
FAX.03-5689-0120
----------------------------
板紙・段ボール産業の総合紙。
紙器・段ボール企業を中心に機械・資材メーカーなどの動向をはじめ、箱を使うユーザーの動きも網羅。各種統計の分析なども充実。

----------------------------

015504
 

記者ブログ

   

               
                                    過去のブログはこちらへ
   
▼小学6年から近視、眼鏡をかけている。50年近くかけ続け、眼鏡は顔の一部である。近視は老眼になりにくいのか、また歳を取り近視も進まず、長いあいだ作り変えなかった。と言うよりも若い頃より良く見え、目が良くなったような錯覚もあった。50歳を超えて近くの小さな文字が読み辛くなり、遠近両用メガネを初めて作った。奮発しデパートで形や色違い3本一度に購入した。小型でレンズは薄く気に入っていた。最近、新聞が全く読めなくなった。スマホも顔を下に向けメガネの上端からレンズを通さずに見ている。『老眼はどんどん進む』『数年に一度は作り替え』なのを全く知らなかったのだ。そう言えば知り合いのお婆さんは眼鏡をいくつも持っていた。悲しいかな、引き出しにあるお気に入りのメガネ2本は出番がなさそう…。(Y)
▼姪っ子は2月に、やっと内定をもらった。希望の職種は求人数も少なく狭き門だったのだろうが諦めないでよく頑張ったと思う。ラインで採用通知書を送信して来たが電話が掛かってきて、その声は弾んでいた。何社か受けた面接の経験から今度も「リップサービスかと思った」の言葉に、大変な思いをして来たんだなと胸がジーンとなる。いくら売り手市場とはいえ、採用側はシビアだろう。早くも新たな就活シーズン。体調を崩さず乗り越えて欲しい。(A)
▼正月明けにタイガープレコ(魚)が死んでしまい、プレロスに陥った。観葉植物の鉢に埋葬したが、今でも水槽に吸盤のような口で張りついている愛しい姿を思い出さない日はない。隠れてばかりの臆病ものだったが、帰宅してすぐに観ると好き放題泳いでいる姿を何度も目撃したので、結構メダカたちを仕切っていたのかもしれない。死ぬ数日前から珍しく水槽の前面の良く見える場所にいたのは今思うと…。そんなんでプレコを続けて飼う気にはなれず、先日から飼いはじめたのが、カマツカ2匹=写真=。どうしても『さん』付けで呼びたくなる名前で実際そうしている。水槽の掃除屋なので活発だ。ちなみに焼き魚にすると結構美味らしい。(U)
▼子どもの夜泣きが再発、安眠妨害が続いている。一時期はだいぶ楽になったと胸を撫で下ろしていたが、よく分からない。まったく無い日もある。ネットで調べたところ「夜驚症」という可能性もあったが、数分では収まらず。長い時で1時間以上も絶叫、収まったかと思えば再び泣き叫ぶ。先日、保育園の保護者会に出席したが、もっと苦労されている家庭も多いようで、早寝したら夜10時に目覚め朝までまったく寝てくれない話はなかなか壮絶だった。それに比べりゃまだマシか~…そう思う気持ちがなくもないが、でもやっぱり辛い。脳発達の一環だろうし、あんまり考え過ぎず、焦らず、眠くてもイラッとせず。(S)
▼食品小売チェーン担当者の話。小売や飲食は重労働イメージがつき人材確保に苦労しているが、最低賃金の上昇も厳しいという。同社の時給は最低賃金に近い額面も多いが、1日数時間でも働ける柔軟なシフトや、軽作業中心の勤務内容ゆえ。なので、最低賃金が10円でも上がると、店舗で主力のパート・アルバイト時給が一斉上昇。確保した人員も9~17時など、終日働ける立場になれば退職していく。最近は中央線沿線で特に人材確保が難しく、新規出店や既存店維持に支障が出ているとのこと。同沿線は20年ほど前に住んでいたが、なぜ今、中央線なのか?(M)
日​刊​板​紙​段​ボ​ー​ル​新​聞​社​
<<有限会社 日刊板紙段ボール新聞社>> 〒113-0034 東京都文京区湯島4-6-11 湯島ハイタウンA-509号 TEL:03-5689-0121 FAX:03-5689-0120