板紙・段ボールから印刷紙器までを網羅した専門新聞社です

qrcode.png
http://itadan.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!


有限会社
日刊板紙段ボール新聞社

東京都文京区湯島4-6-11
湯島ハイタウンA-509号
TEL.03-5689-0121
FAX.03-5689-0120
----------------------------
板紙・段ボール産業の総合紙。
紙器・段ボール企業を中心に機械・資材メーカーなどの動向をはじめ、箱を使うユーザーの動きも網羅。各種統計の分析なども充実。

----------------------------

日​刊​板​紙​段​ボ​ー​ル​新​聞​社​
 

2021年バックナンバー

 

2021年バックナンバー

2021年バックナンバー
1
 
11月27日付 2823号
2021-12-06
■石川製作所・小長谷社長インタビュー、創業100周年。〝社員の幸せ〟事業継続の力、段ボール機械WINシリーズ機種拡充で販売強化。
■旭化成、感光性樹脂価格改定。副資材も原材料、物流費高騰で。
■ダイナパック、齊藤副社長が社長。来年1月1日付、杉山社長は会長に。
■段ボール関連各社の22年3月期第2四半期連結決算。
■板紙輸出前年比0.5%減の8万3800トン、テストライナ14.9%減の4万466トン。
■段ボールセミナー21、各安全衛生委員会の研究発表と特別講演。
■2022中部パック、オンライン記者会見。進化する食品包装技術。
■小森コーポレーション、利益向上と両立可能。パッケージ業界、脱炭素対応の方向性①。
 
11月17日付 2822号
2021-11-26
■コンゴーテクノロジー・芳賀社長インタビュー、50周年で社名変更。時代に合った会社目指す、技術追求を重視。
■明昌、ZOOMウェビナー「トラブルシューティング」。インキ飛散、泡立ち対策。基礎から詳しく、最適管理と製品選び。
■日本製紙、令和3年秋の叙勲。芳賀元社長、旭日重光章。
■段ボール関連各社の22年3月期第2四半期連結決算。
■古紙再生促進センター、紙リサイクルセミナー。海外古紙動向など講演。
■段ボールセミナー21、各段ボール技術委員会の発表。
■レディーバードクラブ、オンライン講演会。新会社のスタート「皆同じ」、AI万能ではない。
■日本製紙、印刷情報産業用紙値上げ。1月出荷分から15%以上。
 
11月7日付 2821号
2021-11-16
■トーモク、温室効果ガス削減に注力。電力変換はじめ全方位で。
■トーモク・中橋社長の談話、可能なこと全て取り組む。環境コスト将来見つめて、非常識な競争是正を。
■新幸機械、ロールレス受注残100台。段潰れ無く、ユーザー高評価。
■段原紙生産(9月暫定)前年同月比1.3%減の83万2788トン、出荷は同1.1%減の82万2766トン。在庫54万4418トン。
■板紙代理店(9月速報)段原紙販売3.0%増、白板は6.0%増。
■一冊放談、米中対立 アメリカの戦略転換と分断される世界。中央公論新社、佐橋亮著。
■段ボールセミナー21、関連産業の新技術紹介。
■東京洋紙同業会(9月)板紙販売は8.5%増の8780トン、印刷用紙は6.1%減の3万8271トン。
 
10月27日付 2820号
2021-11-08
■全段連、初のオンライン段ボールセミナー。産業の価値、地位向上へ。
■クラウン・パッケージ、拡大分野に付加価値提案。フードデリバリーテイクアウト展、伸びる食品容器。
■王子コンテナー、抗菌加工段ボール発売。キンコバーム、間仕切り用途など。
■塚谷刃物製作所、抜型用刃物「ダブルデッカル」。切断面接触ケガ防止、従来刃も可能。
■キヨシ・ネットワーク、代理店募集。レーザー洗浄の普及拡大。
■興亜紙業、「普段使い」視野に進化。FM西東京レスキュー通信、ラジオで段ベッド解説。
■板紙輸出(8月速報)前年同期比8.6%減の8万4850トン、テストライナは同26.5%減の4万760トン。
■JPI暮らしの包装商品展、生活彩るパッケージ。環境、利便性を追求。
■レンゴー、高度な技術力発揮。日本パッケージングコンテスト、9作品が入賞。
■一冊放談、武漢日記。河出書房新社、方方著。ケアとは何か、中央公論新社、村上靖彦著。
■日印機工、JapanColor認証オンラインセミナー。安定品質で企業価値向上、基礎から詳しく。
 
10月17日付 2819号
2021-10-29
■全段連、支払い条件の改善など改定。適正取引、自主行動計画。
■ボブストジャパン創立50年、〝転石苔むさず〟で半世紀。先端機械・技術を提供。
■丸松製作所、糊塗布状況レーザ検査。2面継グルア高精度化。
■三菱商事パッケージと紙通商で板紙事業統合、新会社。
■物流問題解決「テクラム」、トーモクと王子が参画。
■ボブストジャパン、次世代ビジョン公表。デジタルでつながる現場。
■段ボール生産量(8月速報)前年比7.7%増の11億3043万6千平方メートル、出荷量は同6.4%増の2億7554万9千平方メートル。在庫は1億3055万8千平方メートル。
■マンローランド、オンライン会見。大型オフ機でシェア拡大、紙器需要追い風。
■日印産連、GP大賞。環境配慮製品を積極活用、パッケージ部門新設。
 
10月7日付 2818号
2021-10-18
■栗原紙材・栗原会長インタビュー、段古紙市況・輸出上昇も国内維持。一転暴落の記憶、なお鮮明。
■ホニック、段形成を高精度で検査。「AUTOⅡ-L」画像カメラ使用、高速運転にも対応。
■三浦工業、水素ボイラで環境認定。CO2排出ゼロ工場へ。
■段原紙生産量(8月暫定)前年同月比1.9%増の76万2464トン、出荷量は同4.0%増の77万8954トン。在庫53万5140トン。
■8月代理店、段原紙販売は前年同期比7.6%増、白板紙は同7.8%増。
■NTI・防水ライナ、ニッスイが鮮魚用で採用。輸送効率、環境面に強み。
■王子コンテナー、日本パッケージングコンテスト。ジャパンスター賞など多数入賞、高い包装設計力。
■一冊放談、スマホ脳。新潮社、Aハンセン著。
■大王製紙、印刷・紙器子会社を合併。来年4月1日付、ダイオー三浦に。
■日本製紙など3社、クレーン効率化試験成功。木材チップ船の負担軽減。
■東京洋紙同業会(8月速報)板紙段販売は前年同月比9.8%増の7405トン、印刷用紙は同6.8%増の3万5692トン。
 
9月27日付 2817号
2021-10-08
■近畿刃物工業、ドンピシャ導入。ユニット刃交換、調整容易。
■東芝情報システム、CoPaTis新機能。Web受注・インク管理等、企業戦略に有益。
■大幸紙工、HPリニューアル。対応力の高さと遊び心。
■トーモク、再生可能エネルギーへ切替え加速。Scope1・2温室効果ガス、30年に50%減。
■日本トーカン、2021日本パッケージングコンテスト。4品入賞、基礎技術活かし個別対応。
■王子HD・王子コンテナー、自動包装システムでロジ賞と木下賞を受賞。
■ESG投資とGPIF、存在感ますます大きく。
■JPI、日本パッケージングコンテスト入賞作品表彰式。社会支える包装の新技術、段ボール入賞多数。
■日本製紙、日本コカコーラと協働。資源、地域、多様性尊重。
 
9月17日付 2816号
2021-09-29
■今野梱包・今野社長インタビュー、「運命」感じて防災貢献。津波被害から復活、震災10年目を聞く。ジオラマ好評。
■興亜紙業、東村山市と協定締結。段ボールベッド、日々進化。
■日栄化工、並河社長。早急に蓄電池を設備、発電し貯める時代に。
■エスパック、WEBショップ開設。果実用ギフト箱、小ロットから全国に。
■段ボール生産量(7月速報)前年比1.1%増の12億7520万平方メートル、出荷量は同4.4%増の3億1432万3千平方メートル。在庫は1億3052万3千平方メートル。
■丸紅、段ボールGHG可視化。プラットフォーム提供へ。
■レンゴー、淀川流通センター開設。段原紙約2万トン収容。
■日本通信販売協会、コロナ禍影響20年度速報。通販分野10兆円市場に、前年度比20%増。
■Print Next2022、来年2月開催。〝印刷を再定義〟テーマに。
■板紙輸出入(7月)輸出前年比36.8%増の10万287トン、段原紙と白板ともに好調。
 
9月7日付 2815号
2021-09-16
■明昌、オンラインセミナー「Apex Academy」。印刷品質、コスト両立。GTTロール解説。
■東洋製罐グループHD・日本トーカンパッケージ、段ボール製テント開発。多用途で活用、「捨てる」原点に。今秋発売予定。
■レンゴー、CO2削減目標引き上げ。概算350億円投資。
■明昌、オクセルコルファインEX。洗浄メンテに最適、機械周りで広く使用。
■段原紙生産量(7月暫定)前年同月比8.5%増の88万1952トン、出荷量は同5.7%増の87万9279トン。在庫量は55万1280トン。
■代理店販売(7月)は段原紙102.4%、白板紙104.4%。
■レンゴー、インドネシアで買収。段ボール工場11拠点に。
■一冊放談、実践行動経済学―健康、富、幸福への聡明な選択―。日経BP、Rセイラー他著。
■段ボール関連各社の22年3月期第1四半期連結決算。
■全国清涼飲料連合会、異物低減プロジェクト。「投げ入れ」不可能ボックス紹介、業界連携で推進。
■東京紙器工業組合、オンライン「ハコの日」2021。箱の魅力より間近で、動画など活用。
■東京洋紙同業会(7月)板紙前年比103.8%、印刷用紙103.6%。
 
8月27日付 2814号
2021-09-08
■有功社シトー貿易・谷口チーフDインタビュー、デジタル支援「今こそ高付加価値化を」。コロナ対策、プラ代替も追い風。
■ヤマト興産、2P加工を合理化。コロンブス導入。
■ヘキサジャパン、神田産業。抗ウイルス間仕切り寄贈、関ペと医師会に。ハニカム提供、加工。
■神田産業、抗ウイルスパーテ。地元、須賀川市に寄贈。
■日本包装技術協会、東京パック2022出展申込み開始。9月21日から。
■段ボール関連各社の22年3月期第1四半期連結決算。
■ボブスト、エルモア関東が国内初。最高位打抜機を導入。
1
<<有限会社 日刊板紙段ボール新聞社>> 〒113-0034 東京都文京区湯島4-6-11 湯島ハイタウンA-509号 TEL:03-5689-0121 FAX:03-5689-0120