板紙・段ボールから印刷紙器までを網羅した専門新聞社です

qrcode.png
http://itadan.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!


有限会社
日刊板紙段ボール新聞社

東京都文京区湯島4-6-11
湯島ハイタウンA-509号
TEL.03-5689-0121
FAX.03-5689-0120
----------------------------
板紙・段ボール産業の総合紙。
紙器・段ボール企業を中心に機械・資材メーカーなどの動向をはじめ、箱を使うユーザーの動きも網羅。各種統計の分析なども充実。

----------------------------

 

2011バックナンバー

 
1
 
12月27日付 2466号
2011-12-22
■ISOWA、オープンハウス開催。アイビスにワンステージ装備。進化続けるフレキソグルア。 ■全段連記者懇親会開く。「大改革、総仕上げの時」。 ■東抜工会長・谷山氏インタビュー「東抜工50周年へ始動。組織の絆、鮮明に」。 ■<製品値上げ、はじめの一歩が> ■名宝など加盟のグループHANKEN、印版と速度の相関性研究。BCS有功、高い耐久性。 ■三菱重工印刷紙工機械、最新技術、セミナーで紹介。12月は東北で。 ■日本能率協会G、冬季記者懇談会開く。「”人”中心の経営を」。 ■全段連・12年段ボール需要予測発表。前年比101.2%の133億平米見込む。 ■日本紙工機械グループ、年内最後の見学会開催。主力2機、抜きと貼り実演。技術、開発力アピール。 ■<抜型受注は回復、設備増強> ■小森、ダビリ選手マラソン優勝。
 
12月17日付 2465号
2011-12-12
■昭島段ボール工業・鈴木圭一社長インタビュー「”想い”共有し、強い会社に」「製品値上げ、積み重ね、信頼の結果」
■生出、BCPフォーラムで最優秀賞。事業継続計画で体質強化。代替生産等を評価。「中小企業にこそ必要」
■ダイナパック、ハノイの能力増強。5億円投下。
■10月速報・板紙輸出13.2%増。輸入は11.8%減。
■10月速報・段ボール生産量、前年同期比微減。
■関東12月・段古紙輸出価格、トン1万3970円。
■中越パルプ、エコプロダクツで大臣賞。国産竹100%紙で。
■五輪金メダルを祝う会、「伊東さん、印刷産業の誇り」。全国大会開催も検討。
■小森コーポレーション、大阪支社で実演内覧会開催。オフセットオンデマンド、57名が参加。
■製紙連の紙パルプ製品・原材料貿易1−9月調査
 
12月7日付 2464号
2011-12-05
■11年下期・段古紙動向「値上げ直後に輸出下落」「原紙値上げ浸透まで、修正せず」「年末年始のダブつき注視」
■山本ダンボール、フレキソを梅谷にS&B。1日100点、FFG更新も計画。
■レンゴーロジスティクス、三田に物流拠点。
■JPI、包装産業の未来に貢献。東京パック2012説明会とセミナー開催。出展申込み開始。
■PETボトルリサイクル協会、年次報告書発刊記者会見開催。10年PET回収率72.1%。
■レンゴー、エコプロに出展。
■東洋インキ、エコプロ優秀賞を受賞。環境対応「ライスインキ」。
■マンローランドジャパン、人材強化、差別化を提案。サポート体制拡充。パワープリンターズクラブセミナー開催。
■マンローランドジャパン、独AG社について、リサイジング断行。ジャパン、従来通り応対。
■エルスエンジニアリング、抜型用低価格刃物を発売。
■郡山市・土屋印刷所、被災地から初のGP工場認定。震災、原発に負けず。
 
11月27日付 2463号
2011-11-24
■台湾・超耐國際企業・薛社長インタビュー「品質を最重視、日本向け強化」「アンビル生産3倍に。新工場、相次ぎ建設」。
■九州カートン、連続して梅谷製に更新。岩本社長、アフターの良さ強調。
■東洋インキ、色の多様性、楽しさPR。DESIGNERS WEEK2001に出展。
■東洋インキ、グットデザイン特別賞受賞。オフセット用ライスインキ、環境性を評価。
■王子製紙、経営説明会開く。海外市場重視、国内は再編成。
■JILS、震災を教訓に物流改善。ロジスティクス全国大会で。
■レンゴーの段ボール、第53次南極観測隊に提供。
■企業訪問・ハマグチ抜型製作所
■大日本印刷、紙器と軟包装を一体化。田辺工場に隣接、新工場完成。
 
11月17日付 2462号
2011-11-17
■APPJ、国内値上げを追い風に。段原紙、価格維持で対抗。白板紙では新製品投入。
■独シトーシステム・マリエン社長来日記者会見。事業多角化、内製化を推進。シトーテープ改良。欧州、多角化に対応。日本市場、今後も重視。
■日本紙工機械グループ、工場見学会開催。新型サックマシン発表。技術融合、コストダウン実現。
■石川製作所、国内外FFG等5台出荷。レンゴー新仙台・新潟、TCGへ。
■ISOWA、12月12、13日に固定式アイビス用ワンステージ初公開。
■企業訪問・大洋紙器
■永井機械、ヤノテック本社工場で初の九州内覧会、大成功。定期開催も検討。
■9月速報、板紙輸出量、前年比93.3%。
■11月関東・古紙輸出3品種とも中止。国際市況の急変受け。
■9月速報、段ボール生産量、前年比2%減。
■サカタインクス、新型印版洗浄機を発売。
■日印産連・2020年市場予測
■PIショー開催。ペーパークラフト、什器など多数登場。販促、進化する紙製品。
■エアハルトライマージャパン、反射する印刷に強み。静止画像検査装置、ロス大幅削減。
 
11月7日付 2461号
2011-11-07
■エースパッケージ・杉山峯正社長インタビュー「コンバータの望む提案を」「創業25周年、将来見据えて新工場建設を決意」「今後3年で体制再構築」
■カートンプロジェクトに大手飲料や卸、小売が参加。茶系飲料用外装を規格化。
■新型合板が登場、進む枯渇、再度の値上げも。
■レンゴー、広東聯合を独資化、中国事業を強化。
■抜型の学術研究を発表。複合材型加工研究会、セミナー開催。「現場と協力」
■9月速報、板紙生産量0.3%増。段原紙在庫、37万3403トン。
■サカタインクス、11月10日、包装セミナー名古屋開催。
■菅原製版、?e−FLEXに社名変更。
■東段工安全・技術合同セミナー開催。「安全・生産性向上目指す」「利益確保と両立」
■製紙連発表・7月の段原紙、米坪量別生産量
■日本包装機械工業会、ジャパンパックオープニングレセプション開く。「日本の技術、世界に発信」
■ノードソン、塗工方法変更でコスト減。
■山田紙工、進化する紙器用受面板・プレシジョンプレート、位置決め微調整簡便に。
■小森会、東京・関東甲信越静合同総会開く。「新技術活用、今後のカギ」小森社長講演で強調。
■技能五輪、金メダル獲得。伊東選手、凱旋会見「絆の勝利」。
■マンローランド、東京で11月17日セミナー開催。
 
10月27日付 2460号
2011-10-26
■王子板紙・安藤温社長インタビュー。値上げの背景聞く「限界まで我慢、古紙値上げで決断」「大手との交渉、確固とした姿勢で」
■躍動する台湾<正隆>。新マシン、100グラム以下を抄造。
■ISOWA、貼合ロス、僅か5センチ。新システム開発。
■大王製紙、原紙値上げ。現行12%以上、11月21日より。
■特種東海製紙で電池セパレータ開発。EVなど多分野で。
■企業訪問・堀函店
■古紙再生促進センター、セミナー開催。石田代表理事、「中国の古紙動向に注視」。
■都築電気、ボックス全行程効率化。<KITFIT段ボール>モバイル対応充実。
■東京抜型工業会、定時総会開催。谷山新会長が就任。
■アキヤマインターナショナル、LED−UV機に高い関心、両面機実演、来年新型片面機発表。
■竹尾、パッケージ用<気包紙>発表。風合いが魅力。
■サンテクス、抜型限定の低価格CAD発表。徹底した不要機能削除。
 
10月17日付 2459号
2011-10-17
■ヒューテック、印刷検査装置、順調に普及。光源小型化、設置容易に。
■大和メカニック、片段積載機の販売強化。独自機構で安定搬送。生産性と省力化。
■続く受注減、差別化推進、抜型メーカー。
■日本大昭和板紙、段原紙10%以上値上げ。11月21日出荷分より。
■特種東海製紙、原紙値上げ。11月出荷から12%。
■アースダンボール・奥田敏光社長インタビュー「社員の力、活きる体制づくり」「トップダウンからの脱却、自主性を」
■8月速報、板紙輸出32.5%増。輸入、4.0%減。
■永井機械、九州で展示会初開催。10月28〜30日、ヤノテック本社で。
■レンゴー、世界アワード銀賞「侍」の缶コーヒーで。
■特種東海製紙、紙の表情、可能性を追求。「紙わざ大賞」入賞作品展開催。
■日本ロジスティクスシステム協会、企業価値向上に貢献。ロジスティクス強化月間会見。
■打抜き生産性改善ガイド?
■王子製紙、ブラジル製紙会社子会社化。感熱紙など強化。
 
10月7日付 2458号
2011-10-07
■原紙値上げと古紙価格動向。栗原紙材・栗原社長に聞く。「内外価格差の是正が必要」
■アールエフシステムズ、ボックス向けのパレタイジングシステム発売。低価格で高性能。
■日本紙工機械G、トライフィーダーとグルア連結で公開運転開く。
■王子板紙、原紙値上げ発表。11月21日から10%以上。コンテナーも同時に。
■王子チヨダコンテナーが被災した仙台工場の復旧を発表。
■キヨシネットワークでカートンαのセミナー実施。データ管理の高度化提案。
■全段連、下期の段ボール需要予想。101・0%に。
■レンゴー、パッケージングコンテストで3作品入賞。
■ボブスト記者会見、グループ改革も順調に進捗。工場集約、生産体制改善。
■王子製紙でペーパーライブラリー開催。「段原紙の新たな魅力」
■中部パックで出展社募集中。
■紙源が展示会で「積ンデコ」公開。
 
9月27日付 2457号
2011-09-27
■渡・王子チヨダコンテナー社長に聞く。「筋肉質の会社に、路線は継承」「産業の空洞化を危惧」
■ゴールドグループで第25回報恩祭を開く。人の恩を大切に。業界唯一の報恩碑。
■増元・旭マシナリー元会長のお別れの会。大阪リーガロイヤルで開催。面影を偲び別れを惜しむ。
■阿形近畿刃物工業社長が講演。「事後の百策より事前の一策」、大胆な取り組み語る。
■日本紙工機械グループで平盤の内覧会開く。ブランキング装置搭載、使いやすさ抜群。
■IGAS特集。各社、最新の印刷関連技術を結集。
■暮らしの包装商品展。人と環境に配慮した包装。一般利用者も来場。
■日印産連で印刷文化典記念式典開く。
■IGAS盛大に開催。旭マシナリー、サンエンヂニアリング、日本紙工機械G、永井機械など出展。
■北越パッケージでビジネスフォーム事業を統合。
1
日​刊​板​紙​段​ボ​ー​ル​新​聞​社​
<<有限会社 日刊板紙段ボール新聞社>> 〒113-0034 東京都文京区湯島4-6-11 湯島ハイタウンA-509号 TEL:03-5689-0121 FAX:03-5689-0120