板紙・段ボールから印刷紙器までを網羅した専門新聞社です

qrcode.png
http://itadan.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!


有限会社
日刊板紙段ボール新聞社

東京都文京区湯島4-6-11
湯島ハイタウンA-509号
TEL.03-5689-0121
FAX.03-5689-0120
----------------------------
板紙・段ボール産業の総合紙。
紙器・段ボール企業を中心に機械・資材メーカーなどの動向をはじめ、箱を使うユーザーの動きも網羅。各種統計の分析なども充実。

----------------------------

 

コラム 段談

   


                


                 過去の『段談』はこちらへ

   
 ▼見通しが悪い。取材した範囲では大手、中小ともに上がった原紙代を100%転嫁した段メーカーはほとんど存在せず厳しい環境にある。『うちは頑張った』と話す会社でも達成率は7割に過ぎない。早期から取り組まず、様子見を決め込んだ会社はどの程度なのだろうか。悪く見れば赤字スレスレ。『あそこも一貫の傘下に』、と西でも東でも噂されるのも仕方がない。
 ▼段原紙の操業状態(フルに近い)から見て、現状で安い紙を買う事は至難の業、中しんトップのレンゴーだって他所から中しんを購入する時代だ。しかも同社の購入価格はそれなりに良いらしい。安値の仕入れはより難しくなる。ならば段ボール製品は前を見なければならないのだが、『顧客の言いなり』『いずれ紙は…』、染みついた悪癖はなかなか治らない。今回の一連した値上げは過去とは違う。配送問題だってお尻に火がついている。段ボールもやらねば。製品が上がってこそ初めて、板紙・段ボール産業全体が明るくなる。
 ▼『原紙の再値上げ』、こんな声が漏れ聞えて来る。『あるのか、無いのか』、と聞かれれば個人的な見方は『今?』。中国の方針次第で直ぐにでも古紙の状況が様変わりし、熟知している人でさえ『視界不良』と言う。但し9月中旬時点で動き出した会社があり、そのメーカーも流通を集めたが、さて追従は。 (山)
日​刊​板​紙​段​ボ​ー​ル​新​聞​社​
<<有限会社 日刊板紙段ボール新聞社>> 〒113-0034 東京都文京区湯島4-6-11 湯島ハイタウンA-509号 TEL:03-5689-0121 FAX:03-5689-0120