板紙・段ボールから印刷紙器までを網羅した専門新聞社です

qrcode.png
http://itadan.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!


有限会社
日刊板紙段ボール新聞社

東京都文京区湯島4-6-11
湯島ハイタウンA-509号
TEL.03-5689-0121
FAX.03-5689-0120
----------------------------
板紙・段ボール産業の総合紙。
紙器・段ボール企業を中心に機械・資材メーカーなどの動向をはじめ、箱を使うユーザーの動きも網羅。各種統計の分析なども充実。

----------------------------

日​刊​板​紙​段​ボ​ー​ル​新​聞​社​
 

コラム 段談

   


                


                 過去の『段談』はこちらへ

   
 ▼少し前になるが、大手エンドユーザーから指定紙で『今回の原紙値上げは認めざるを得ない。ならば最終のケース段階でより有益な条件を提示した一貫メーカーを優先する』との提案があったという。半信半疑ではあるが、これが本当なら何とも不思議な話だ。
 そもそも原紙の量をまとめコスト削減効果を狙うとともに、その価格を明確化することで、ある種のブラックボックスを無くし加工賃を白日のもとに…というのが取り組みの目的だったはず。最終のケース価格が安ければというのであれば、従来の方法に戻すということなのか?これでは結局のところ、段ボールに求められるのは価格の安さだけということになる。
 無論、使い易い価格が特徴の包装材であることは、段ボールの大きな長所ではあるし、それゆえこれだけ普及したのは紛れもない事実だ。ただし、購入する側の『原紙の値上げが盤石なら、ケースではどうか』との姿勢はあまりにひどいし節操がない。結局、この提案は成立しなかったと聞いたが、段ボール側からすれば当然だろう。
 象徴的な例ではあるが、ケース値上げはそんな厳しい交渉が会社規模や量の大小問わず、幾千、幾万と繰り返された末に達成されるものなのだと改めて痛感した。経験がないからこそ、なお更、その大変さに頭が下がる思いだ。 (浮)
 ▼3月末、ある段メーカーが『製品値上げは4月までに終了させるべく年明けから取り組んで来たが、何だか…』とぼやいた。同社は得意先が大手段メーカーとかぶる。それゆえ、想定通りに進んでいないのだ。しかも1~3月、値上げに邁進した中小オーナー系は軒並み数量を落としている。『殆どの会社が100%を割った』と言う流通幹部、中には『100万平米以上減らした』『価格改定日にケース大口納入先をごっそり取られた』所もある。日本を代表する日用品メーカーのケース値上げに対する対応も酷いものだが、立ち向かう前に、力をあわすべき同業者が信用できないのだから話にならない。
 ▼一方の大手段メーカー、4月の生産量は1日稼働日が少ないこともあって8社中6社が前年割れ、その中でもここ何年も伸ばし続ける一貫系Yは1人勝ち(103%)。中小はいくら値上げで改善しても、それ以上に平米を失い、二進も三進もいかないメーカーが増えている。中小と大手の得意先に差があるにしても、『年々ジリジリと生産量が落ち、雑巾も絞れない。やれる事にも限界がある』のだ。期待された大型連休の仮需が入っている話もそう聞かれ無い。『また、失敗ですか』、こう問われた事もあるが、それはまだまだ早過ぎる。一部青果物をはじめ未決分を継続して勝ち取ればプラスになる。総力上げてこれをやるしか無い。 (山)
<<有限会社 日刊板紙段ボール新聞社>> 〒113-0034 東京都文京区湯島4-6-11 湯島ハイタウンA-509号 TEL:03-5689-0121 FAX:03-5689-0120