板紙・段ボールから印刷紙器までを網羅した専門新聞社です

qrcode.png
http://itadan.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!


有限会社
日刊板紙段ボール新聞社

東京都文京区湯島4-6-11
湯島ハイタウンA-509号
TEL.03-5689-0121
FAX.03-5689-0120
----------------------------
板紙・段ボール産業の総合紙。
紙器・段ボール企業を中心に機械・資材メーカーなどの動向をはじめ、箱を使うユーザーの動きも網羅。各種統計の分析なども充実。

----------------------------

日​刊​板​紙​段​ボ​ー​ル​新​聞​社​
 

コラム 段談

   


                


                 過去の『段談』はこちらへ

   
 ▼段ボールの大手営業幹部から前線に立つ営業マンの心理についてこんな声を聞いた。まず〝進展しない状況〟に対しては、『同業が動かない』との言い分を聞くそうだ。『値上げの強行はいつでもできるが、取引を維持しながら値上げをするには〝同業〟の動きを見ながらやらざるを得ない』からであり、同業のせいにして遅れても『本社はそのユーザーは切れ、との判断は出さない』。だから『同業が、同業が』の声が溢れる訳だ。押し切れないことが、周りの中小から見れば『大手が動かない』につながり、大手にしても『うちは動いているという気持ちだけが上層部に伝わっているのかも知れない』と言う。肝心なのは、『同業では無く得意先に対して誠心誠意お願いする姿勢』であり、『大手も中小でも大切な事』なのだ。
 ▼『原紙値上げ、すんなり受け入れられますか』、何人かの中小経営者に聞いてみた。『引き延ばし、抵抗する』意見はあるが、次のような見方も印象深かった。『燃料費、人件費、副資材など諸々が今までにない上がり方をしています。原紙値上げのタイミングでしか製品修正が出来ない段ボール業界において、原紙値上げはネガティブな事では決してないと思います。ただし〝全体が同じ方向に向かって動く〟という条件の下の話です。そうでなければ当然〝15円は無謀〟〝すんなり受け入れられない〟と言う事になります』。ここで重要なのは材料が上がったら、転嫁は皆の仕事であると言う事。それを出来ないでいる段ボール業界がおかしいのである。(山)
<<有限会社 日刊板紙段ボール新聞社>> 〒113-0034 東京都文京区湯島4-6-11 湯島ハイタウンA-509号 TEL:03-5689-0121 FAX:03-5689-0120