板紙・段ボールから印刷紙器までを網羅した専門新聞社です

qrcode.png
http://itadan.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!


有限会社
日刊板紙段ボール新聞社

東京都文京区湯島4-6-11
湯島ハイタウンA-509号
TEL.03-5689-0121
FAX.03-5689-0120
----------------------------
板紙・段ボール産業の総合紙。
紙器・段ボール企業を中心に機械・資材メーカーなどの動向をはじめ、箱を使うユーザーの動きも網羅。各種統計の分析なども充実。

----------------------------

日​刊​板​紙​段​ボ​ー​ル​新​聞​社​
 

コラム 段談

   


                


                 過去の『段談』はこちらへ

   
 ▼最初の緊急事態宣言から1年、首都圏の2度目の宣言も解除され、先行きが気になるが、ワクチン接種が進み、気の緩みではなく、気の休まりが得られる状況になれば、消費動向も変化するはず。ある社長は『状況が良化すれば、今期は経済の活性化が期待できる。急激な量産に向けて不備がないようにと備えている。設備メーカーの動きをみても、これは当社だけの考えではないようだ』という。分野による浮沈はあったが、全体量は最低限の落ち込みで済んだ昨年からの回復を期待したい。
 ▼一方で廃業やグループ入りの話も多く聞こえてくる。業界再編の動きはコロナで一時停止していたに過ぎないと感じさせられる。そして『(大手一貫の)原紙2枚分相当のケース価格と勝負する世界』という状況は変わっていない。ある経営者は怒りを通り越して『新規で取るにも、もう少し利益を考慮した下げ方をすれば良いのに。あんなに一気に下げて大丈夫なのか。意思統一できているのか逆に心配になる」とも。まずはそんな価格を是正してほしいが、段メーカーと原紙メーカー、中小段メーカー同士、地域トップの段メーカーとボックスとの連携等、大手一貫とは異なる動きが顕在化することでの変化を見てみたい。
 ▼輸出原紙の価格帯が一段上になってきた。元来、波が激しい国際市況、まして勝負するのは惜しげもなく巨大投資するプレーヤー。今後、より優劣が明確になる可能性は高い。輸出市場をけん引するAは、既に数千㌧規模の能力増を見据えているようだ。 (浮)
<<有限会社 日刊板紙段ボール新聞社>> 〒113-0034 東京都文京区湯島4-6-11 湯島ハイタウンA-509号 TEL:03-5689-0121 FAX:03-5689-0120