板紙・段ボールから印刷紙器までを網羅した専門新聞社です

qrcode.png
http://itadan.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!


有限会社
日刊板紙段ボール新聞社

東京都文京区湯島4-6-11
湯島ハイタウンA-509号
TEL.03-5689-0121
FAX.03-5689-0120
----------------------------
板紙・段ボール産業の総合紙。
紙器・段ボール企業を中心に機械・資材メーカーなどの動向をはじめ、箱を使うユーザーの動きも網羅。各種統計の分析なども充実。

----------------------------

 

コラム 段談

   


                


                 過去の『段談』はこちらへ

   
 ▼『大手の一角や中小が頑張っている』、一方では『一気に進むと思ったらそうでも無かった。全く動かない中小がいる』との指摘もある。シートの上げ幅にしても全国的にシングル8円、ダブル円を主軸に動いているが、入れ合っている先、特にメインの納入先に対しては及び腰な会社も。意外に頑張っているのが一貫系M、買い方上手な某県大手ボックスに真っ先に見積書を持参、その内容も立派なよう。原紙代に毛の生えた価格だっただけに、早期決着を目指している。『地域で進捗状況に差がある』、こう見ている経営者もいるが、その地区原紙メーカーの姿勢の影響か。南の方ではようやくオーナー系大手も動き出したよう。Mの兄弟も頑張らなくては。
 ▼関東商組は9月に続いて10月も古紙の輸出共販(入札)を見送った。どこからともなく『年内いっぱい古紙は弱含む』こんな声が聞こえてくる。耳に入った古紙価格は確かに下がってはいるが、これが打ち出した原紙価格に影響するとは思えないし、原紙側も中小段メーカーには依然として強気である事に変わりは無い。段ボール製品の値上げの根底には産業全体のボトムアップがあるはずだ。年明けには『古紙は高騰』との見方だってある。トーンダウンなどせずやり切らなくては。話題にあがるヤマト運輸はアマゾンとの運賃交渉で4割以上の値上げを実現した。段ボール業界だって出来る。 (山)
日​刊​板​紙​段​ボ​ー​ル​新​聞​社​
<<有限会社 日刊板紙段ボール新聞社>> 〒113-0034 東京都文京区湯島4-6-11 湯島ハイタウンA-509号 TEL:03-5689-0121 FAX:03-5689-0120