板紙・段ボールから印刷紙器までを網羅した専門新聞社です

qrcode.png
http://itadan.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!


有限会社
日刊板紙段ボール新聞社

東京都文京区湯島4-6-11
湯島ハイタウンA-509号
TEL.03-5689-0121
FAX.03-5689-0120
----------------------------
板紙・段ボール産業の総合紙。
紙器・段ボール企業を中心に機械・資材メーカーなどの動向をはじめ、箱を使うユーザーの動きも網羅。各種統計の分析なども充実。

----------------------------

 

コラム 段談

   


                


                 過去の『段談』はこちらへ

   
 ▼値上げの現状、一歩ずつ進んではいるが地域等によって差がありあり。加えて中小や専業大手は材料代を転嫁すべく動いている(動き始めた)が一貫□直系と製紙系段メーカーはまるで逆。しかも積極的な一貫△社でも子会社Aは親とは別で、掲げた数量目標に向け掻き集めている。グループ内では『高い原紙を買っているのに…』と量と質を同時に確保した評価があるものの、周りの見方はちょっと冷ややか。
 ▼成果を上げる大手ボックスもある。東北地区の某社では『値上げ進捗状況は5割に迫る。このチャンスを逃がしては』とシート値上げも、前向きに捉える。ただ入れあう段メーカーの動き次第では『後ろを向かざるを得ない事も』。ボックスの持つ高い利益率の仕事を狙う段メーカーは間違いなく存在する。大手段メーカーにも『ナショナルも決まりだしたし、残るは◎社会』と大きく進展している見方がある。中には『成果は6割に達している』会社も。地場の方が遅れているのだろうか??
 ▼地域名は書かないが、大手段メーカーが多数点在するB地区。製紙系も複数工場あり主導権も大手が持つ。ここは『どうしてこんなに弱いのか』と中小社長が嘆くほど出遅れている。11月初めに取材したボックスも予想通り『(値上げについて)何もしていない』だった。動く必要のないボックス、この責任は段メーカー側にある。 (山)
日​刊​板​紙​段​ボ​ー​ル​新​聞​社​
<<有限会社 日刊板紙段ボール新聞社>> 〒113-0034 東京都文京区湯島4-6-11 湯島ハイタウンA-509号 TEL:03-5689-0121 FAX:03-5689-0120