板紙・段ボールから印刷紙器までを網羅した専門新聞社です

qrcode.png
http://itadan.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!


有限会社
日刊板紙段ボール新聞社

東京都文京区湯島4-6-11
湯島ハイタウンA-509号
TEL.03-5689-0121
FAX.03-5689-0120
----------------------------
板紙・段ボール産業の総合紙。
紙器・段ボール企業を中心に機械・資材メーカーなどの動向をはじめ、箱を使うユーザーの動きも網羅。各種統計の分析なども充実。

----------------------------

 

コラム 段談

   


                


                 過去の『段談』はこちらへ

   
 ▼某大手ユーザーに値上げで動いた一貫子会社の営業マン、資材担当者から『〇〇が儲かっているのに、上げるのですか』と聞かれ、反論出来なかったそうだ。ユーザー自身は立派な収益を上げている。全くおかしな話だ。また原紙部隊に段ボールの営業マンが『(古紙に引きずられ)原紙も弱含みか』と尋ねたと、嘘みたいな話まである。もう少し学ばねば、顧客にやり込められてしまう。
 ▼一方シートの交渉で『〇円以下では売りません』と強気で切り出した大手段メーカー、ここまでは立派だがボックスから『ケース価格は?』のひと言に無回答だったと言う。仕入先を変えない優良ボックスが何故こんな事を口に出したのか。前回値上げ時にこの段メーカーから痛い目に合っていたのだ。シートを満額上げておきながら、入れ合うユーザーにはボックスの提示額より下げた価格でネゴ、結果その価格に落ち着いてしまった。ボックスにしてみれば『シートを上げておきながら、全額転嫁できないケース価格を提示するとは』。この一件が無ければ、このような言い方はしなかった。原紙もシートも同じである。最後の製品までやらないと後々まで悪影響が残る。
 ▼量を睨みながら『赤字で無ければ』位の気持ちでは、11月に原紙をあの値段で仕切られた専業は満足しない。それでもじっとしていれば財布からお金が出て行くばかり、色々な動きがある。南九州でのM&A、関東で駆け巡った噂話。板紙・段ボールを取り巻く環境は様変わりしたが、いつの時代も変わらないのはやれば必ず結果は残るという事。シートは件数ベースではそこそこ進んでいるのだから、もうひと踏ん張りだ。 (山)
日​刊​板​紙​段​ボ​ー​ル​新​聞​社​
<<有限会社 日刊板紙段ボール新聞社>> 〒113-0034 東京都文京区湯島4-6-11 湯島ハイタウンA-509号 TEL:03-5689-0121 FAX:03-5689-0120