板紙・段ボールから印刷紙器までを網羅した専門新聞社です

qrcode.png
http://itadan.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!


有限会社
日刊板紙段ボール新聞社

東京都文京区湯島4-6-11
湯島ハイタウンA-509号
TEL.03-5689-0121
FAX.03-5689-0120
----------------------------
板紙・段ボール産業の総合紙。
紙器・段ボール企業を中心に機械・資材メーカーなどの動向をはじめ、箱を使うユーザーの動きも網羅。各種統計の分析なども充実。

----------------------------

日​刊​板​紙​段​ボ​ー​ル​新​聞​社​
 

コラム 段談

   


                


                 過去の『段談』はこちらへ

   
 ▼『スロースタート』『出だしはいつもの(伸びない)1月』、年明けに頂いたメールだ。12月の大手段メーカー生産量も前年割れだった。量に期待しない、とは言ってもやはり気になるのが需要動向である。その12月の生産量、原紙と段ボール生産で、前年同月比に少しズレがあり原紙の方が伸びを示していた。段ボールは大手8社中100%超えが1社、それに比べ原紙は大手7社で5社が100をオーバーした。『売り急ぐ製紙メーカーがあるのか』と心配する向きもあったが、輸出が昨年より増えたためで、国内出荷は100割れだったよう。新年互礼会で出たように今年は『(製品価格を守り切れるか)試金石の1年』となる。
 ▼年明け早々、悲惨な出来事が続いた。元日夕方に発生した能登半島での大きな地震には心が痛む。そんな中でこんな良い話もあった。山形のボックス・エスパックが石川県中能登町、内灘町に段ボールベッド『クイックベース』を無償で提供した事だ。在庫が無かったため、正月休み明け5日に社員総出のうえ、近隣の障害者施設利用者からも協力を得て急ピッチで作業を進め、300台を両町の支援物資集積場に届けた。この様子は河北新報やテレビ山形でも大きく取り上げられた。なお、同社は22年に発生した海底火山噴火と津波で被災したトンガにもベッドを200台提供している。気持ちが素晴らしい。 (山)
<<有限会社 日刊板紙段ボール新聞社>> 〒113-0034 東京都文京区湯島4-6-11 湯島ハイタウンA-509号 TEL:03-5689-0121 FAX:03-5689-0120