板紙・段ボールから印刷紙器までを網羅した専門新聞社です

qrcode.png
http://itadan.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!


有限会社
日刊板紙段ボール新聞社

東京都文京区湯島4-6-11
湯島ハイタウンA-509号
TEL.03-5689-0121
FAX.03-5689-0120
----------------------------
板紙・段ボール産業の総合紙。
紙器・段ボール企業を中心に機械・資材メーカーなどの動向をはじめ、箱を使うユーザーの動きも網羅。各種統計の分析なども充実。

----------------------------

日​刊​板​紙​段​ボ​ー​ル​新​聞​社​
 

コラム 段談

   


                


                 過去の『段談』はこちらへ

   
 ▼〝高付加価値化〟、段ボールに付加価値をどう付けるか、段ボール会社にとって最重要課題だ。特に大手とは一線を画す中小段メーカーやボックスにとっては、今後の成長を大きく左右する。デザイン、包装設計などそれぞれ得意な分野を取り入れ手探り状態から始め、大きく花を咲かせたメーカーも出ている。それに関連し、大手一貫からボックスまでデジタル印刷機の話をよく聞くようになった。美粧から汎用品まで需要を掘り起こしている。
 ▼いくらきれいな印刷を一枚から刷れても、版が不要でも、価格設定は段ボール会社の従来からの営業が行う。『段ボールを売る感覚でやったら…』『脱段ボールを理解できるか、人が一番の問題』多くの経営者がこう話す。高付加価値を作り出したボックスでも『(他社と一緒の)段ボール箱の価格設定が嫌だから』、『自分でしか作れない物を自分で値決めしたい』と聞いた。ある一貫は段ボールの営業マンに『1人、ひとつデジタルの仕事を取って来い』、こう指示したようだ。高額な投資をしているのだから、ちゃんとした利益を稼がねば。
 ▼それにしても昨年秋から『頼みもしないのに、シートの売込みが続く』(中堅ボックス)、量的に厳しさのある西日本の方が目立つ。原紙だって表向きは変化ないものの、『3大メーカーから新規参入まで、昨年までの一枚岩では無くなりつつある』と見る段メーカーは複数にのぼる。板紙・段ボールともに今一度、引き締めが必要だ。(山)
<<有限会社 日刊板紙段ボール新聞社>> 〒113-0034 東京都文京区湯島4-6-11 湯島ハイタウンA-509号 TEL:03-5689-0121 FAX:03-5689-0120