板紙・段ボールから印刷紙器までを網羅した専門新聞社です

qrcode.png
http://itadan.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!


有限会社
日刊板紙段ボール新聞社

東京都文京区湯島4-6-11
湯島ハイタウンA-509号
TEL.03-5689-0121
FAX.03-5689-0120
----------------------------
板紙・段ボール産業の総合紙。
紙器・段ボール企業を中心に機械・資材メーカーなどの動向をはじめ、箱を使うユーザーの動きも網羅。各種統計の分析なども充実。

----------------------------

日​刊​板​紙​段​ボ​ー​ル​新​聞​社​
 

コラム 段談

   


                


                 過去の『段談』はこちらへ

   
 ▼『古紙が上がれば原紙も、原紙が上がれば製品も、それぞれ連動して上がるのが海外では一般的。日本でもそうなれば』、こんな話を2回の段原紙値上げ前後に何度か聞いた。原紙だけは上がっても、製品への転嫁がスムーズに出来ないから出てきた話で『理論的、ユーザーにも分かり易い』と理解を示した段メーカーは何社かあった。では現状はどうだろう。古紙の輸出価格がここまで下がり、国内価格に至っては買い支え状態。『原紙メーカーは儲かっている』、と段ボール側は誰もが思っている。
 ▼『9月には?』なんて声も聞こえなくは無いが、現在も原紙側の価格に対する姿勢は当初と変わらず強気のまま。先日『市況は変わらなくてもいくらか調整があれば、疲弊した段メーカーも少しは息がつけるのではないですか』、こう話を向けたら『いや誤魔化すのではなく、古紙に連動するならば、今は下げるのが正論』と切り返された。この真っ当な意見、製紙メーカーにはどう聞こえます?
 ▼数量が伸びない中小段メーカー、価格を守る事に全力だ。みな『価格まで下げたらどうしようもない』と言う。実践している会社が増えている事は業界にとっても素晴らしいが、一部段メーカーがこれをぶち壊すようなシート価格を出すのだから困ったもの。『旧値?』『〇〇円引き』、ある段メーカーの関連ボックスにまで手を出す一貫系。嘘のような話まで飛び出すが、運賃も出ない価格が提示させる事には、買うボックスでさえ『いいのか…』と、戸惑ってしまう。 (山)
<<有限会社 日刊板紙段ボール新聞社>> 〒113-0034 東京都文京区湯島4-6-11 湯島ハイタウンA-509号 TEL:03-5689-0121 FAX:03-5689-0120