板紙・段ボールから印刷紙器までを網羅した専門新聞社です

qrcode.png
http://itadan.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!


有限会社
日刊板紙段ボール新聞社

東京都文京区湯島4-6-11
湯島ハイタウンA-509号
TEL.03-5689-0121
FAX.03-5689-0120
----------------------------
板紙・段ボール産業の総合紙。
紙器・段ボール企業を中心に機械・資材メーカーなどの動向をはじめ、箱を使うユーザーの動きも網羅。各種統計の分析なども充実。

----------------------------

 

コラム 段談

   


                


                 過去の『段談』はこちらへ

   
 ▼段メーカーA社長が『アサヒビールがシェアに拘らず、付加価値重視の方針に切り替えた』と話してくれた。日経にも大きく出ていたが、アサヒGHD社長自らの言葉で『量にはもう拘らない』と書かれていた。0・1%のシェアを競ったビール業界だが、最近は出荷量が半減、同社はいち早く高級路線に切り替えるのだ。『段ボール業界は量が多少なりとも伸びているので量やシェア重視を続けるのだろうか…、時代は変わっているのに』、A社長が呆れる気持ちもよく分かる。
 ▼144億、いや145億平米はいく、との声もある今年の段ボール生産量。1億平米の上積みとなると中小の4、5工場分に匹敵する。それが期待されるのも関東だけ、『勢いがあって羨ましい』とは他地区の段メーカーだが、そんな事はありません。伸びているのはあくまでも通販や飲料系であって、質となると別問題。ちなみに茨城県ではこの1、2年の間にコルゲータが2台(D社=新設工場、T社=既設工場へ中古据え付け)も増えている。
 ▼大手段メーカーが伸ばし中小オーナー系は横ばいか前年割れ、と少し前に書いたが、その大手の中でも増やし続けているのが一貫系子会社Y。昨年12月には過去最高を作ったと漏れ伝わっているが、同社上層部では周辺に『あと〇〇〇平米欲しい』と話しているらしい。いくら何でもそれは…。 (山)
日​刊​板​紙​段​ボ​ー​ル​新​聞​社​
<<有限会社 日刊板紙段ボール新聞社>> 〒113-0034 東京都文京区湯島4-6-11 湯島ハイタウンA-509号 TEL:03-5689-0121 FAX:03-5689-0120