板紙・段ボールから印刷紙器までを網羅した専門新聞社です

qrcode.png
http://itadan.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!


有限会社
日刊板紙段ボール新聞社

東京都文京区湯島4-6-11
湯島ハイタウンA-509号
TEL.03-5689-0121
FAX.03-5689-0120
----------------------------
板紙・段ボール産業の総合紙。
紙器・段ボール企業を中心に機械・資材メーカーなどの動向をはじめ、箱を使うユーザーの動きも網羅。各種統計の分析なども充実。

----------------------------

 

コラム 段談

   


                


                 過去の『段談』はこちらへ

   
 ▼平成最後の年は激動の1年だった。締めの製品値上げの進行状況、他社の進み具合が気がかりなところだが、12月に入って取材しても勢いづいていないのが現実だ。地域によってバラつきがあるものの『今回だけは行くと思っていたが鈍い』『一貫主力の子会社でもやっている会社とそうで無い会社がある』と度々聞かされる。中小にも傍観者がいるのには驚きだ。そんな1社の〇、『情勢が変わってやらざるを得ない』らしい。危機感を持たねば。
 ▼『じっとしていれば赤字が増えるだけ』(段メーカー社長)、使用量が少なくても月に1千万円前後、多ければ億にも届く。動いているメーカーにとっては至極当然なのだが、動かないのは何故だろう。もっと言わせてもらえば『原紙を特値で買い、コルゲータを回すだけの安い仕事があるが、これさえ取られてしまった』一例、昨年のネタではなく直近の話だ。量を伸ばしても利益が増える事は無いのに…。紙業界が大きく変わりさぁ段ボールもだったはずが情けないし、先行メーカーが息切れしない事を願う。
 ▼中部の□段ボールが破綻した。『まだまだ出そう』と言う話もある。さて手元にある大手段メーカー11月の生産量、一貫△の子会社は飛び抜けその数字は前年比で112%。今年も過去最高を更新するようだ。『努力の成果』とする声もあるが、皆さんはこの数字をどう見るか。 (山)
日​刊​板​紙​段​ボ​ー​ル​新​聞​社​
<<有限会社 日刊板紙段ボール新聞社>> 〒113-0034 東京都文京区湯島4-6-11 湯島ハイタウンA-509号 TEL:03-5689-0121 FAX:03-5689-0120