板紙・段ボールから印刷紙器までを網羅した専門新聞社です

qrcode.png
http://itadan.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!


有限会社
日刊板紙段ボール新聞社

東京都文京区湯島4-6-11
湯島ハイタウンA-509号
TEL.03-5689-0121
FAX.03-5689-0120
----------------------------
板紙・段ボール産業の総合紙。
紙器・段ボール企業を中心に機械・資材メーカーなどの動向をはじめ、箱を使うユーザーの動きも網羅。各種統計の分析なども充実。

----------------------------

 

コラム 段談

   


                


                 過去の『段談』はこちらへ

   
 ▼昔『市況に変化がある時が1番の楽しみ』、こう表現したボックス経営者がいた。シートの上げ下げ時が自分の腕の見せ所、と言う訳だ。分かりやすく言えば『ここで大きく儲けられる』『量をちらつかせばどうにでもなる』、段メーカーは舐められていた。昨年の値上げから原紙側は悪癖を是正し大きく変わってきた。段ボールも量への固執を直す時期なのだが、どうだろうか。前回は知っての通り、積み残しを出していた。『中小段メーカーが最も厳しい』と言われる今回の攻防、自分でやり切らなくてはならない。
 ▼『無理そうだな~と言いながらもスタートした』『続けてだから慎重に』とは関東地区の段メーカー。『進んでいる』(中部)地域もあってバラツキがあるものの、思っていたような11月ダッシュとはちょっと違ったようだ。『尻に火がつかなければ出来ないのがこの業界』とは言うが火はとうに付いているのだから、何とかしたいものである。『購買から営業、生産技術キチンと理解し大所高所から見られるリーダーの会社でないと身動きが取れない』とも聞かれるが中小には前に出るしか手立てはない。
 ▼気になるのがブラックなユーザーで、日本を代表する一流企業の名前もある。自分達の製品は色々な理由(包装材料も含まれる)を付け上げておきながら、『段ボールはダメ』と言うのだから驚きだ。 (山)
日​刊​板​紙​段​ボ​ー​ル​新​聞​社​
<<有限会社 日刊板紙段ボール新聞社>> 〒113-0034 東京都文京区湯島4-6-11 湯島ハイタウンA-509号 TEL:03-5689-0121 FAX:03-5689-0120