板紙・段ボールから印刷紙器までを網羅した専門新聞社です

qrcode.png
http://itadan.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!


有限会社
日刊板紙段ボール新聞社

東京都文京区湯島4-6-11
湯島ハイタウンA-509号
TEL.03-5689-0121
FAX.03-5689-0120
----------------------------
板紙・段ボール産業の総合紙。
紙器・段ボール企業を中心に機械・資材メーカーなどの動向をはじめ、箱を使うユーザーの動きも網羅。各種統計の分析なども充実。

----------------------------

日​刊​板​紙​段​ボ​ー​ル​新​聞​社​
 

コラム 段談

   


                


                 過去の『段談』はこちらへ

   
 ▼地方のボックスに大手段メーカーが、シート値上げについて曖昧な話をしたそうだ。この時期に、まして周りの動きを見ても値上げの気配はサラサラ無いだけに、『相手にするもしないも…』でその場は終わったよう。『大手段メーカーは製紙部門から原紙の動向(圧力)を聞いて、それに連動した動きなのだろうか』としながらも、『それ以降何も無いのだから余計どうかと思う』と言う。古紙から原紙を含めた先行きは分かりづらいにしても、探りを入れたのか、ただの雑談だったのか。なお関東でも、社名を聞けば〝ええっ〟と思う段メーカーが値上げに近い話をしているとか。
 ▼地域は違うボックス、『今年前半は昨年同期を超えたが、一昨年にはまだ届かない。しかも8月後半から失速した』とする。シートについて話を向けると、『この地区には段メーカーが〇社しかない狭い商圏ですが、売り込みは入れ替り立ち替りあります』、『どちらか言えば凪だったのが、今は弱含みかも』と言う。一方の段メーカー、原紙は相変わらずガチガチで、原紙側から見れば原紙市況は強含み。シートをこれ以上安くは出来ないだろうし、かと言って、上からは『量は落とすな増やして来い』なのだから、現場の営業マンはやりにくいだろうと同情する。
 ▼最後は情け無い出来事。『A社から買っているのですか、値段は?うちはそれ以下でやりますよ』、もっと酷いのは『いくらならば良いのですか、値段を書いて下さい』。こう言われたのはあるボックス。耳を疑ったが『こんな営業では、長続きするはずがない』、『相手にしなかった』と、取り引きする段メーカーに伝えてきた。どこですかと聞いてみれば、2社の名前を挙げた。よく出る一貫系と中小だった。シート価格が強含みか、弱含みなのか、肌感覚で分かる。 (山)
<<有限会社 日刊板紙段ボール新聞社>> 〒113-0034 東京都文京区湯島4-6-11 湯島ハイタウンA-509号 TEL:03-5689-0121 FAX:03-5689-0120